展开
您的位置: 首页 >  游遍石膏山 > 游は石膏の山 >  游は石膏の山

石膏の山の全観にカムバック方

庫裏

石膏の山は、ぎっしり庫裏鳥居石膏山ぎっしりのコンポーネント心許なく石膏の山の麓、閉まった五門の六柱七階の真似をして明・ツバ式仿古牌樓すると、ビルざあっと壁、インテリア精巧に支持勢力をさっそうとしなければならない。全体の牌樓呈东西向、南北スパン32.12 m、高さ13.31メートル、失った施朱塗り、瑠璃蓋顶。脊柱の両端吻兽护牌樓が二つ、堂々たる山車、四翼角尖」とが『凤尾编集龙首お高くそる件だった。牌樓でボディー・ペインティング龍、鳳、蓮華、ツルなどの方は、煌びやかで美しくて、きらびやかです。金縁の表面が画鳳と、吉祥を散りばめた。牌樓に対して中央は大きくて、両側に添付されたが六栋小牌樓、景気減速の階段状になって自然の下に隠し、中国の伝统文化の中の謙遜、奥深特有の人柄だった。鳥居の台座に三は、石狮強い鷹揚を振るっている。

正面の本館斗拱懸板の上に君臨してが宙に「石膏の山」の三つの金字は、中国の道教協会長、全国政治協商会議の常務委員の任法融さんが、明确な題光り辉きます。立柱2副楹联金ぴかの上に君臨して、正面楹联「クリーム山と化し、一方のアパレルの禅院を迎える西海仙にも」は中国の書家協会主席のポスターが出題された。「興背面楹联果たさなかった気分に趣まつ毛山翠色浓い鑑賞は天河碧波」は、山西省の原文联主席李才旺さん書いだった。遠目で、全体の牌樓もきこえてそびえ呈すは、まるでsplendoursで突き抜けて时空、ほのかに云の後の空中楼閣。

臥龍広場

臥龍広場は、龙文化などを主な内容とするテーマ広場に姿を現した。2つの基本的な概念の全般的な構想万民:一曰象無形、竜の大きさには、山水、気象やすいように、父親の故具象で沈殿物が7千年中华文化の中で竜の字、絵画表現の精神である。二曰書画同源を选别広場の脇に置いていた松浦の柱には計が刻まれていた、新石器~清代の609個龙图、壁に刻んだが仰韶~近代出自甲骨・青銅、简帛、碑刻と纸本の歴代金石・書道作品は計12個の龍言叶を使った。広場の地面铺装廃家を使用している。十四万块が撤去されたのは、青砖追求廃利用の低炭素理念を思い、この新しい誕生の景観を注入した。百年国民生活の歴史の遗伝子だ。

臥龍山荘

臥龍山荘、ビルの高さ13 . 6メートル、建坪7987.24平方メートル、提供ハイカーたちは休んで、飲食・宿泊・ショービジネスの空間を確保して、観光客は同一日日程でもしくは宿泊まま景勝地区も、选択(旅客ケーブルカー)頂上の人文建築景勝地:

索道站

索道站石膏の山に位置していると龙吟谷臥龍山荘で接境地域リフト全長1074 mで、上下落差452 . 5メートル、の位置を海抜1715メートル、投資の約2000万円は、全線で計18個のつる箱に、11のステント、约7 ~ 8分、駅に到着することができますで、片道最大载客量400人に時速が途中で会にも2回の退出され、人々を味わうことができるようにした空中で石膏の山の美しい風景をなしている。

青雲路

しケーブルカーのプラットホームの步いては石膏の山を1ヵ所に険しい自然景観であり、固有の登山路をよくこのエピソードを転がして仏陀の散策路のテスト时に人间性の善悪、人心の良し悪しは、医院は清の光の年间、游方道士张明远化缘に山を着服して別宅だからと、ここから落ちた、へ転落したため、彼はロバの善士も、よろこんで崖になって、抱いてろばまたかすり傷を警戒していた人たちが、跳ね返って、悪い行為は報われないほど、為人の場外エンロンことができます。

南天门

山は石膏の建物をトレードマークの人情通天岩が二つ、我々が見えることが北敗山嘴抑えであり、昔から、3面でも多くの名人雅士このうたう作賦だった。も道路進入路だった。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を経て、南天门可青雲路と青雲塔、観日台で、山の頂上草甸も通じ、東可凌云路から上岩(サンアム)の「霊巌洞をさせて顶き、南から岩の下で)の城岩(ソンアム)寺、铁佛寺说。清の光が建設され、年間、河北省の刘德明远の赵子ニポムニシ・サッカーが、寄付することができる五十两ナ・ギョンウォンとして建設され、元の南天门を上下階、部下を曲アーチ型の里門洞(トンデムング・イムンドン)式、洞门横3メートルに達し、门额上の真ん中には「南天门」の三字、通宇(企業の新しい修の南天门で下位圏と建築構造が、既得権を采用している回廊式2階楼閣の建築、ハイカー観望山林刺繍の色が浮かんだ。南方向けの悬書きに「南道天からの眺め」は、远くから当代書家吴艳萍所の題、温かみのある約束の地と楹联「を見下ろして湖平波はできず、见上げ天巾水岁了」だった。

凌云路

(龙は木欄干は辺はここを一線の鸟道)があるし、南天门の东侧は歩いて、へ上岩白衣寺と竜王寺の喉元すれば天梯インターチェンジ、形や全長約80メートルに達する。この道を石段細道は、善士趙慶泰(チョ・ギョンテ積などが出資、巨余岩硬い石切りでできている。职人が当初修理しているこの道を行くべから時だ石硬すぎると、のちに火を切り开を采用した」とし、「多くの対価として、今我々にも見えるからの石が残っていた。路が中腹、壁に随行した路凹んだ。また後で壁の姿が見えない道を眼下に見雲の姿が見えないの木、頭を下げて面を触れられる刀石を設置して足を知っておくべきことは。别人のように分類されてきた十景石膏の山と呼ばれる「云の道がいきなり」だった。

白衣の寺

上岩(サンアム)に位置する(抱き佛岩)西洞(別名を抱いて、仏に穴があいていて、供養は石膏山古仏白衣の観音様、(も白衣大士の涅⑴ヵ所)白衣洞は石膏の山の岩洞のうち、歴史が古く、規模がそれほど大きくないが、ポイントランキング第三に、建设された粗末な、木欄干3曲と関係なく、1体をめぐる白衣菩薩像端座だけだった。山の名前が石膏出所の起源は、石膏の山を初めとして活動するためには、後から石を一揆を指して、高山高いこの山太岳スロープの中の最高の座を守った。後に、高字太自己玄耀、明隆キョンウォン年、兵部尚書霍冀之揮毫を変更して石膏の山をさせ一字之差石膏の山形神御利益を揚げて兴味深かった。洞内鍾乳石というの姿とは白衣大士な顔立ち、时间の延長線上にあるものとされ、陰に隠して石乳のうしろになりました。白衣の大士の善を天に基づいて善行徳に感動した岩泣いた神液まで達し乳石、白衣の大士はこれ坐化归真だった。

竜王洞

岩东洞に位置している上、石膏山天竺寺文明の発祥地、竜王像、洞高五メートル、幅8メートル、深さは約10メートル。規模がそれほど大きくないが、面巾チョンノグ・ギョンジドンだった。竜は中华民族の創出は、そののトーテム、中华が長期間のしっかりして食事の農耕社会、主管雨水の竜王は特に、この高名は無分別なのではなく、民以食为天という基本的な需要によって決定され、釈迦たちは長い列をつくってshichiku国境のなかへ入っていったとき、やっと発见して竜殿下さまの位相は彼らより高かったが、そこで竜王で「拷問」を発表した。仏門の座って客に、石膏の山に供えた神仏に、老竜王が早ければ、ランキング1位となった。

羅頂松の声に波の

羅頂、すなわち巌頂上、これが一ヵ所の自然風景だ。伝説石膏の山に僧修成四果巌この涅槃に再開発峰突し、山侧に可愛がっ緩い上り坂に何千株油松长年苍翠が林立し、一藪一藪のまっすぐ構築において、延びていていてな松葉、谷風、松林に乾いていて、空巢な変わっ波音がした。頂上の话を闻いて、同谁承想。霊巌の軒先には林の中で掩映苍松を過ぎ、左には清代以降、石膏山僧侶は火葬された遺骨はぜんぶの埋葬ここにいる。石膏山僧侶をした後、圆寂仏門慣行通行火葬された。墓地の地穴、霊巌顶のうち、熟成の僧侶骨殖の若干瓦罐だった。仏門規格に通りを、一般の僧侶圆寂後、すこし瓦罐骨殖高僧、道圆寂後、タバコを吸う場合、木の碑が建っているタワーで、住んでいる銘文だった。霊巌洞頂和尚の内部には青砖墓に化けるとは、すべてを記念するために、高僧のために建てられた。下によれば、最初に建っていた墓碑銘の記載噴出清康煕二十年七月の普同塔、高さ約十mを飛び、塔林の中で最も高い大者だった。

天竺寺

岩(杄に位置で木巖)の所在が建設され、標高1800 m、清雍正八年、今からは三百余年の歴史を経て、何度も整備とその全貌が存在せず、ずさんなことを見込んで行われた科学の再建のためだ。お寺唖然とした。「天竺」のは多くない、天竺特に国名所となり、は仏法(の所在を、一般の寺院」。这个用ついて行くだけがあって、修行の高迈な尊长があってこそこのような資格が与えられる。山ほど石膏天竺寺の敷地が深い善徳旅に出て、出所が格別だ。出入りには一つしかなかった。勝手口が天竺寺は、他の寺で违うの特徴である、门额埋め込まれて砖雕「山林埜趣」という四字は、傅山临书、里門洞(トンデムング・イムンドン)さんは、进深曲センタリング約6 m。鐘路(チョンロ)で、内に悬が建っている。古代のは明嘉庆王年間県少しあけ漢所鑄洞だった。

3大士殿

勝手口に入って、目の前を参照してください、殿宇は建築がこの天然に形成された洞窟の中で、建物のレイアウト依思いのほか分前后上下階になった後、殿より前殿1 mには力不足だった。天竺寺の仏像が祭られて、観音は東は文殊菩薩、フルネーム文殊師、意訳で「妙徳」「妙吉祥」と知恵辩才第一に、一般のイメージはいちばん结五割れ、手に剣に座って、蓮の座を騎獅子が、中国の道場は山西省五台山(オデサン)だった。西を普贤菩薩、また訳「あまねく吉」を中心にすべてこのの理容徳、徳を代表して徳と行、手にする如意に座って、蓮の花に押し上げ、騎六牙償、道場が四川省成都下の峨眉山だった。后殿で、1年前に比べて、前殿後殿広い現状のなか、東西両側がそれぞれ偏殿は、面巾三間に仏壇がドアの上に東题「あでやか」西「チョンシン」の真ん中に新設される大きな鉄香炉、長さ約1メートル五、幅の高均(1メートルで正面からわし「天竺古刹」という四字だ。裏面のたまの模様が入っている。殿中西の中心までに、石膏の山の人文の歴史だと主張した。

3大士殿全ての仏像の全てで玉品、別名「玉仏殿」だった。3大士殿左配殿まつら観音右配殿、地藏王地藏王釈迦も、大士とは、3大士同じレベルで、役割を分担と違って、不在九華山やに新設された地藏王殿、やらせ配局偏殿、地藏王ぐらいでは闵公親子と道明寺。

保安禅院

岩との下に位置している中、僧侶たちが岩の間で使われている生活、レジャー、佛界の重要な客の交流、セミナー、故・休養していたところだ。登山ハイカーたちはここで猶予、名刺足を、飲饮用水、勝手に確かめてみ仏教僧徒生活の裏面だ。玄関に书き楹联:云远深岩(クンナクチョンヵ所、山静虚涵虚自在仙だった。

铁佛寺

铁佛寺に位置しているためで岩(万佛岩)が建設され、清雍正八年、鑄洞・有明庆王四十三年の鉄仏三尊をすることから、石膏の山の旅行会社の補修の铁佛寺おびただしいに建物の壮観が中に外には、まず、座って上り南の桟「のび太」という表現は、釈迦の尊称たい、仏勇によって漠然としていて、その神通力、強力な降伏させることができる。おぼこ护持貧乏えらいものなので、仏陀の寺にも、さえあれば大雄殿で、店内に供えた釈迦横3世仏、すなわちセンタリング釈迦、左右サイドは薬剤師仏阿弥陀仏、石膏の山の仏教宗派昔「むか」しからは禅家のは臨済宗を中心に、尊釈迦が元祖である。仏教の伝説には、釈迦は古代インド人で、しかも一人の王子、彼は内部で、自分の使命は僧を救うためになったことから、離党苦難を放棄し、仏教王族生活を創設した釈迦誕生する時代(約紀元前565—486年)と、孔子(紀元前551—479年)はほぼ同じ年代、二人ともは彼らの深さの思想として有名になり、2000余年に伝わっているようだ。

铁佛寺庫裏

采用韩植墨書道楹联「クリーム山蔵霊すなわち境非境亦境いつ爆発するか、モズクショー菩萨化相すなわち相非相亦相慧覚覚圆通」だった。本堂の采用董辉杰书法「話は仏教法化凍土で破れ头头是道民のアドバイスで、演じ虚无の義証が真実を短く切った(チョン・ヘチョル)時滴滴復源」である。

お地蔵殿

地藏王を管掌する阴曹が祭られているが、十地府殿阎罗させなければならず、特に言及したのは、彼の乗騎としているのか、地球上で聞いたこともないようなモンスター1体を选択して、少しのライオンを雅号でしばらくは、わざわざ機能は、枝葉の善悪を闻いて、西遊記第五十五執務贤愚と云いました、土产を持って、観音も見分けがつかないの二つの猴王を聞かせた神通力て別れた。

占いguandi殿

占いguandi河東同郷人の関羽、字が雲が長く、3国の名将だ。関羽は中国忠義仁勇美徳の代表、儒・跳・道3社も単純な尊奉で存在するように、人によって神、様相が一つの文化現象であり、仏陀は彼のことを、ユン・ビッカラム菩萨の道教は彼のことをオフにして圣帝君、今は関もまたが主人に福の神。

钟泉寺

岩の水月洞に位置しているためで、「東方の聖」だった。中央は薬剤師瑠璃光王佛、左脇侍は日光遍照菩薩右脇侍は月夜遍照菩萨に並ぶ薬剤師三尊です。日光と月明かり菩薩は兄弟と日光菩萨には「日が置かれていた千光をあまねく照天下」のお力、月光菩萨には「夜収冥色にあまねく照世の中」のお力だった。薬剤師菩薩救済へ亡命した人々が、伝说の薬剤師成仏する前に、この二人の兄弟は、今亲骨肉3父子とともに钟泉寺になってから、鵜のみに頼みさえすれば必ず承诺しなければならない。

钟泉の西側には、石膏山古来十景の一つであるという「钟泉澄んだ」と呼ぶ「80仏家の功徳水」で、鉄の鐘口径95メートル、深さ1 . 4 m、节奏不凅心許なく、涝ハラハラと池でないこの泉を利用して石膏の山基岩地下水の自然とにじみ出特徴を遮断径流しない、という形で、依山ぱらりと埋钟成泉。一見、不动の水実者活流が絶えなかった。平素、つまり八徳」の汚名を事細かにqingleng、甘美で、軽い柔らかく、潤い、安と、解体の喉の渇き、長い養妙本にあるため、泉(別名八徳泉という。

黄草亭

これはひとつの比較が開けて地方は、周辺には黄草て付けられた名前だ。ここで見苦しかっ天竺寺スポットのお寺群を出さず、峰の険しい石膏待ち望んでいる山自然風景だった。もハイカー休憩のんびりしてもいい。楹联:せみながく林愈静、鸟が山より幽だった。

连理亭

この亭に見える二つ亭は統合しようという一つの亭だ。「连理亭」と名づけられたしかれ、ひとつの二つの気持ちの依存や忠贞不二という意味だ。▼「在天愿作比翼鸟)研究委員は、「連理の枝に愿作だった」と話した。若者の愛の島であり、爱し合っている人のカップルが島だ。楹联:花影移余裕のあることを暫定的に腰かけてそっちの客が並んで、鸟のさえずりシーンで凭栏人君に勧つないだ。

はずむ亭

飄々としてこそ、だけがあって、心身ともに頓着せず。はずむ世の中の悩みで谁もがあり。生命おめでとうございます、人はみなは得ることができます。谛めの放棄を所有している所有していた。憂愁が変わることが楽しみを変わって悩みは幸せだった。たぶんあんたはこのはずむ亭里(ましたが、やがて小坐の支援を受けることができるかもしれない。楹联:共歩の佳境とは無うるさい客で、純寂幽涵虚禅対4山だった。裏面に未練は登頂に最善を尽くした百出勝景に行ったり、山难觅奇観である。

龙吟谷景勝地区

龙吟谷は太行山の1段の峡谷成东西に、高山大峰、ここで、突然、刀混蛋斧ヤレ一般が形成されたが、奇岩絶壁だ。大きな谷にはここにあり、この条山港の约2 . 5 kmで、峡谷宽窄も违う、最短処数メートル、広い地奇花异草、色濃い光景に、ここで私达することができるようにした竜の原始原态の生存環境て竜道まで這っ龙岩は、入所龙洞で飲ヨンチョン、串竜の巣を触ってみて、騎龙须竜の背を吹き抚で竜鱗を手にした2、龙业龙心養溜め、创造しなければならない。地元の人の名前も竜の巣を臥龍沟、彼のための谷勢ひと目曲がりくねった臥龍、カプセル内の四季が流れて、清流に声がまるで臥龍がやんだヤンシャオ龙吟谷だった。

龙洞

100メートルで、龙吟谷効いている竜の潜身を綴っている。伝説によれば、古代の石膏山あたり村田畑、度重なる大旱、民生は苦しく、臥龍が知っている后に、盗んだ天地の水を連れてきたにもかかわらず、天条庶民やされた王母さん用岩石襟首をうつ伏せに閉じ込められていた同ホール。

石晶洞

みんなに入っ石晶洞を見つけた私たちの腰の下で約1メートルほどの午睡が白い透明な。これはさらなる玉は、一種の歴史上の吠える霍山玉だ。私たちはすでに身は玉の世界の中にいます。石膏の山の玉は白色の、そして黒い、紫色の;菱形の、まわりの壁が通過するなど、既存の鉴宝専門家と規定の考证です。玉も炳鉉」という言葉があるように、不成器」で、みんなに兴味があったなら收藏岛と、記念として。

腾龙閣

腾龙閣はウォーロン溜め后借りて跳躍だったのだ。を予告しているかもしれないは人生の不振だが、ある日私たちも上程できる飞天威。逆境をしゃぶったりせず、貯蓄の底力を利用して、顺境、波乱万丈光り辉いている。