展开
您的位置: 首页 >  游遍石膏山 > 食べることに石膏の山 >  食べることに石膏の山

独特の食べ物の捕虜捜狐石膏山(ネットユーザー采风团だった


山西麺類、で有名でだった。石膏の山に位置しているため、自然普段山西のネチズンの間で、奉歯がゆラーメン、猫耳など特色料理、元祖の风味の麺類や料理人度胸が出たこともあって、みんな美味しそうだった。会席膳の里に包装された食品彫刻跃如があって、人をかけない何分食欲。石膏のマウンテンビュー温総たと紹介したこれらの彫刻が石膏の山の特急シェフが作は、ネットユーザーの情熱は声を頂くめかすことは一同を披露している姿を目撃した彫刻のバーディーを何本の一般大根、调理师の【で芸術品の過程を見ていると、みんな大に不思議なものだ。パフォーマンス完食彫刻した後、いくつかを简単にして頂く、会席膳のうえに描写した石膏の山の景色を彫って置いた。みんな悟っ会席膳のうえに絵画のは意外にもこのようにして」なので、食の食事を食べてきたってのは简単な料理のほかに、濃い文芸気配が感じられる。この頂くというかテコンドー選手、音楽愛好家で、こんなに多才、ネチズンの間で、直叹石膏山は本当に藏龙卧虎場所だ。



石膏の山の特色素斎宴や調理師の食品の彫刻、取引時間中に画作品だ

天竺景勝地区崖の上の食堂で衆人味わい特色素斎会、山核桃・山アーモンド、山きくらげ……各種の石膏の山の内製化食材で作ったおいしい料理をさせ鲜嫩言行生津、。この都会から遠く離れたところで、ネチズンらを試食してから山野风味、仁樹がともに揃った舌の饗宴をみんなの味蕾を持って来て一度も派手な気分になります。

行事が終わる頃には、ネットユーザーらが连れて行って撮り満の景色をカメラでは、別れを惜しむ石膏の山だった。性格も都会の喧騒のなかに戻らなければならないが、空を盗んで普及していなかったこの创竜闲たことはしばらく迷っていた。

石膏の山は、远くから、交通の利便性のため、山西の景観は恵まれているからで、ギゴチなく動いて、千尺巨余(滝、青松(チョンソン)叠翠、洞窟が名刹など色とりどりの美しい景色です。昨年10月、石膏山ぎっしり稼動された第1回石膏山国際写真大会、この行事がかりで一年を越え、春、夏、秋、冬四季だ。而るに向かう夏はひっそりと近づき、風景スミの石膏山撮影采风品料理、は、実にお楽しみだ。