展开
您的位置: 首页 >  游遍石膏山 > 食べることに石膏の山 >  食べることに石膏の山

端午の节句の游石膏山赏美景品料理体験龙文化だった

端午の小さな邪魔されない大型连休中が、目の前に仕事(しごと)七日间、心身ともに疲れてたのあなたで、どう过ごすしましたか?はオタクの家で眠ってい、あるいは行きをスポットが見る「観光」なのか。もしあなたは时间を無駄にしたくない焦りを見せているとしないことを望む。流されない約束どおりにスリーファイブの亲友で再会石膏の山だが、この漂っている粽香の休みになって、みんなと一绪に石膏の美しいデートをした。

石膏の山の风景、端午の行楽地への行き来したい。

石膏の山は、山西、远くから-云、洞窟が名刹が、飞瀑流泉、さまざまな景観を色まで千実態を伝えた。群山(クンサン)の連なる曲芸を;広大広かった雲海を比ぶれば梦幻の如くなります;掩映は洞窟の中の寺(宇をほどこし、卷一音詠んだ。关风する日の水を使っているので、碧波餘波;山間の滝で、襲われて、意外にワンワン碧泉……明るい青色に滑り中を歩く名家の吾輩ピヨ裕也、随所には全て景色を见て、景景はまちまちだ。

石膏の山景美、食よりも美しいです。現地の特色麺類、手ラーメン、手打ち麺や剣不抜面・を消さ尖」とが『って、ネコ耳なども設けられている。過ぎった幸運含まれる特急板前食品の彫刻、取引時間中に作画など各種のすばらしい演技をしている。崖の上での食堂で品1次素斎・パーティに山の中の食材で作った料理を体験纯正の山野风味、ははお楽しみに。



石膏の山の醍醐味である龍広場龙柱だった

仏教文化、米食文化は、龙文化は石膏山悠久の歴史だと主張した。龙文化広場で、一本一本龙柱静かに立って、そこに絵はの々竜トーテム生き生きとしている;龙柱向こうに、2000人の「龍」の字が埋め込まれて作られた竜の壁を乗り越え、委实壮观ま。歩いている竜広場と、昇る一種の「龍の传人」の背景だ。

連休期間中に、端午の小さい石膏の山の気温が适当で景色はちょうどを持って、家族や友人ぼうとく石膏の山を见ていると、美景、おいしい食事、体験、灭せぬもののある龙文化チョン・ベクス哉!