展开
您的位置: 首页 >  游遍石膏山 > 食べることに石膏の山 >  食べることに石膏の山

石膏の山の美食

騒々しく吠える民以食为天だった。屋外でピル慮食事をとっている。石膏の山が所属している灵石县料理を北方风味が伝统がある。主食小麦粉が製作したマントウや素麺をはじめ、輔はユウティアオです、餅などのスナックです;副食は豚や羊、牛肉をはじめ、輔で作った豆腐、瓜や野菜。20世纪の末期、社会経済の発展につれて、47 .四川料理や粤菜など南は、伝统的な食事ジョニーウォーカークラシック」というのは、伝统的な食事中の食事、副食亦漸コストの末に逆さ傾向にある。

远くからの伝統食品は分ゆで定食、主に分けた。煮食は主にあるラーメン、切鱼や手ラーメン、手打ち麺や剣不抜面・を消さ尖」とが『って、ネコ耳、こする鱼、ふく)面、チリチリの写真、重苦しい面)、河ネギや和子饭など;主は主にあるマントウ・花巻)、黄条と骨塁などが含まれている。もうヵ所もお揚げ如ユウティアオです、油糕および焼き上げる食品烙饼、ラーメンの屋台を待つだけだ。

麺:面冷水仲直りをめん棒は面(小麦粉~ 3 mm薄厚頃、切成绩を条はラーメンを斜めにして切って魚状とは切鱼です。

手のラーメン:といい面放置して1時間以上、面がやわらかく、として、そして切りに铅笔のように太い条に対して、手にしたものが、食感が君のうち筋。この手のラーメンとは違い、日常のハンドルをラーメンであるが、それはないから、油を食った谨厳麺類の天然ことが出来ます。

手打ち麺:仲直りの面に頼まれたのは、腕、麺を锅にだった。順子を一方的に缩め、具三太さは優しく、状がこの花だ。老の調理師削面工夫する場合にも立っていられるか1 m前方から、手に持ち快刀弾む、麺を上下に舞い落ちる抑え、きわどい锅に保管されている。観のができなかったのは1种の労働を完全には芸術だ。

刀不抜面:二頭の刀を连れて、両手を持って、速いスピードでの連続動作切抜い三棱形状面、熟练した者の三階または5階の塁畳を切不抜の、効率が高いことが分かった。この面がある。<が呼びヌードルの特性もあり麺惹かれるのが上げられます。

鉄の箸を消さ尖」とが『:つば盆沿いにお鍋に消さ面、次に面をお粥状。このような粉食操作の表庭を見下ろす。口に合って、消化しなければならない。

猫耳:に指で「小面ブロックこする成ねこ状の生成されなければならず、掌では「小面ブロックこする成小鱼状は成こする鱼です。この二種の麺類さまざまな形、食感が他人の意見で動きやすく、特別爽利噛み、煮る食炒め定食を聞くことができる。

ふく面:仲直りの面を置いて平たい孔擦子でこする锅に入れる内に生成された。と摺り面に大差がなかったが、蚪たようだった圪と良質な面が园コンもたいへんでした棚は両手で顔を覆い、状プレート集め圧锅に入れる内だったという。このような粉食きめ细かくて、やさしく、噛んで、良い消化、これといった高齢者及び児童食べられる。

小麦粉を暴くの写真に切って良い面(五センチほど幅の状态で、手でチリチリ成親指の腹の中の大きさの块投入鍋にだった。このような粉食作り方简単で、入り口がしこしこしなければならない。

重苦しい面:先におかずを作って、少々水、料理、まめまたは類似硬料理がmfに切ったスパゲッティ均一にして料理を引き寄せ、釜のふたしてやって蒸し之を登りながら、蒸散沿いを添えて水、万一の焦、熟れ後との范囲煮统食や主との特別が味わえる。

河獲り、といい面を置いて作られた河利はベッドの中で、機は設備でてこ原理圧面の锅に入れると、純後、刀を切る。このような粉食筋骨特は强くて、抱擁しにくっつかないうえ、操作を迅速に、常には婚喪の集まりに選定した」

和子:米汤ご饭に豆、カボチャ、野菜や少し切鱼など、合わせて煮たものが。このような飯消化がよくて、栄养豊富なため、庶民たちの家に選定した」

饅頭:本がいちばん普通の北朝鮮側の主だったが、たちも小さいが多様化している。で、その中に挟まれ、油ねぎ生成された花巻になって、お、菜馅・挽き肉と糖馅は成いろんな味のまんじゅう。特別は、生ラーメンつまむと切ってさまざまな動物、花の形状、蒸した后にとても美しくて、可増田人食欲。

黄条は、別名发糕用として、発の良い社会でのごとくで約五センチ、唯一の間を挿し、熟れを送信する各種幾何形で、すでに美しいよりおいしい。

骨塁:ピーナッツ、ジャガイモ、大根、茴子白などのおかずを洗浄切を小さく、食器面(小さく粒佐は调味料、蒸したものが、风味独特だ。そのうち、定まる月の榆钱骨塁一番よく现れて現地の味という特徴がある。