展开
您的位置: 首页 >  新闻动态 >  正文

社会科学院の観光研究センター事務総長の金ジュン:旅行デカ5大変化だ

阅读次数:3025   发布时间:2014-08-08 10:45

社会科学院の観光研究センター事務総長の金ジュン:旅行デカ5大変化だ

2014-02-27 15:29:21 

「2012年以降、オンライン旅行、知恵を旅行した競争があまりにも苛烈だった。膨大な規模の観光投資が殺到し、馬乗りスマート旅行サービスの地平線に多くの変化を誘発させるだろう」と述べた。中国社会科学院の観光研究センター事務総長の金ジュンは今日午後、由快観光チャンネルが主催した「人民観光祭典で誠信(ソンシン)サービスのウィン・ウィン知恵を泳い中国」の授賞式では言った。

「金准说2013年に私たちのすべての観光業の関係者たちがある感じが様々な変化が続出し、共に歩む。さまざまなルールが破られたのだし、新たな構図を確立し、新しい法則をされても芽生え始めてかかるため、2013年に叫んだ立の年。2014年には2つの軸。第一に、2014年には1つの知恵が出来ること、第二に、2014年はまた1つの改革の年だった」と話した。

過去2年間観光を狙って発生した構造的な調整が行われ、金ジュン触発したのは5大変化:

第一に、中国の観光市場はますます喉の渇き、需要が大きくすることができないほど満足している。「私たちが発見されるかを突破した。たとえば、地域の状态では、以前は観光を突破されたというのは1つの第一線の都市観光にはお金持ちの観光だったが、今日はますます多くの中西部のソース群が主流になっている客群、だんだん多く都市である成長」を発表した。

第二、距離の障壁を突破されましたが、「私たちは、高鉄をもあって、ますます便利机は、観光空间の距离を圧缩されましたが、伝統的な意味での近接はもう、主の制約要因だ」と話した。

第三に、所得の障壁を突破された。「一人の全国民が観光の構図は、今日私たちが発見された1人当たりの月所得から八千円の観光客三千世界2008」となった中国の海外の主体だ」と話した。

第四に、階層の状态で突破されました、「高齢者、農民、女性、子供になった大衆の観光市場が非常に重要な顧客だ」と話した。

第五、ベンツピレンの障壁を突破されましたが、金准说、13年6月まで、韓国のインターネット利用者の規模が5.91億ウォンで、このうちネチズンの70 %は、頻繁に携帯電話を使用すると、インターネットは携帯用の道具になる「同時に、われわれは発見され2012年以降、投資が押し寄せてくるの旅行に来なくても、いずれにしてもこの分野への観光事業にしろ、知恵観光やオンライン旅行への投資もとてもが先を争って」だった。

本文は介绍:中国新聞網だった